06-6225-8035

受託者と受益者の身上保護について。

2019.3.12

たくすネットの司法書士の福村です。
民事信託・家族信託は、財産管理の一手法ということをご案内しました。
民事信託・家族信託における受託者は、受益者のために財産の管理・運用・処分を行う者です。
あくまで受益者のために財産管理を行うのであって、成年後見人のような身上保護に関する権限(老人ホーム等の高齢者施設の入居契約や生活全般に関する契約を行う権利など)は有していません。
そこで、受益者の保護が図れるよう、民事信託・家族信託と同時に任意後見契約を締結し、受益者の身上保護を図るケースがあります。
たくすネットでは、受益者にとって最善となるよう、個別具体的なケースに応じた設計をご提案しています。

コラム一覧へ