06-6225-8035

民事信託・家族信託を始めるためにかかる時間とは?

2019.4.3

たくすネットの司法書士の福村です。
民事信託・家族信託を始めるにはどのくらいの時間がかかりますか?というご質問をいただくことが多いので、今日はご相談の流れについてご案内いたします。(たくすネットにおける民事信託・家族信託の流れはこちら
民事信託・家族信託をしたい!というご希望を持ってたくすネットにお越しいただいた方でも、最初のご相談は、最低1時間以上のお時間を頂戴しております。
民事信託・家族信託をしたい!とご希望のご依頼主であっても、その方にとって必ずしも民事信託・家族信託が最適の方法とは限りません。
民事信託・家族信託は、財産管理・承継の一手法ですので、成年後見制度・任意代理制度・任意後見制度・遺言制度・贈与等の他の手段を比較検討して、どの手法が最も適しているかを検討する必要があります。たくすネットも民事信託・家族信託の利用、普及につとめておりますが、民事信託・家族信託を利用しなくても同じ結果が得られるのであれば、民事信託・家族信託を利用しないケースもあります。
決して手続ありき、ではないということです。
初回のご相談をいただいた後は、個別ケースによりますが、2回、3回それぞれ数時間ずつお打ち合わせを重ねます。委託者兼受益者、受託者候補の方、その他のご家族とお話し合いを重ねて採用する財産管理手法を決定していきます。委託者兼受益者の方の体調や判断能力次第では短期間で契約を結ぶということもありますが、多くの場合、「月単位の時間」をかけています。委託者兼受益者ご本人だけでなくご家族全員のご負担は大きいかもしれませんが、ご家族会議の結果として民事信託・家族信託を採用していただくことが最も大事なことです。
たくすネットでは、民事信託・家族信託に関するご相談を積極的にお受けしております。
一度お問い合わせください!

コラム一覧へ