06-6225-8035

令和でもよろしくお願いいたします!

2019.5.1

おはようございます。
民事信託・家族信託のたくすネットの司法書士の福村です。
令和元年のスタートです。
1つの時代が幕を閉じ、1つの時代が幕を開けます。
平成は「変化」の時代でした。
令和はより「変化」の多い時代になると思います。
人は得てして「変化」を嫌う傾向があります。
自己防衛というところです。
民事信託・家族信託の分野でいえば、これまでは生前の財産管理対策は進んでいませんでした。
ここで、生前の財産管理を行うようにする、とすればそれは確かに「変化」にあたります。
しかし、それは「マイナスの変化」ではありません。
より良い選択をするための「プラスの変化」となります。
民事信託・家族信託とは、ご自身の財産をどう管理するか、財産をどう配偶者や次世代に繋いでいくかを考える上で重要な選択肢となります。
より一層高齢化が進む令和の時代では、元気なうちに財産管理を始めることがますます重要になってきます。
判断能力が落ちた後の財産保護制度もありますが、それは消去法の選択となります。
そうしたいというわけではなく、そうせざるを得ないという結果です。
消去法の選択ではなく、自ら選択し、より良い時間を過ごしていただきたいと思います。
民事信託・家族信託のたくすネットでは、認知症の対策にも積極的に取り組んでおります。
認知症になる前にできる財産管理とは?
一度話を聞いてみたいという思われた方は、お問い合わせください。
お問い合わせをお待ちしております!


コラム一覧へ